事業継続計画(BCP)策定支援制度

事業継続とは

事業継続とは

事業継続とは

事業継続とは、“ 事業”に悪影響を及ぼす“脅威”が実際に発生した際に、事業に与える影響を最小化し、事業の中断を防ぐための考え方です。

  • 事業継続における“事業”とは
    会社が存続する上で、欠かすことのできない事業であり、特定の製品やサービス(利益の大半を占めているような)に関する事業である場合もあれば、組織や拠点もしくは取引先などに関する事業である場合もあります。
  • 事業継続における“脅威”とは
    家畜感染症、伝染病、自然災害、テロリズム、情報セキュリティ事故、サプライチェーンの途絶など、世の中には様々な脅威が存在しますが、どの脅威が自社の事業に影響を与えるかを知ることが大切です。
    自然災害はどのような事業においても脅威といえますが、畜産業や飲食業であれば“家畜伝染病”や“伝染病・感染症”、情報処理サービス業であれば“情報セキュリティ事故”など、特定の業種において重要視しなければならない脅威もあります。

潜在化している様々な脅威

リスクのイラスト図

防災と事業継続の違い

防災は人命や財産の保護を目的としているのに対して、事業継続は事業の継続(人命や財産の保護を含む)を目的としています。また、適用範囲(保護の対象)についても、防災は被害が想定される地域や設備を対象としていますが、事業継続は企業が会社を存続する為に必要な事業(製品、サービス、組織、拠点、取引先など)を対象としています。すなわち、防災の観点だけでは緊急時の事業継続を確実にするには不十分であることを知っておくことが大切です。

【防災と事業継続の比較】
防災と事業継続の比較図

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6947-4340 朝9時~夕6時(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

策定事例のご紹介

事例1梶原産業株式会社 事例2生野金属株式会社

事例集ダウンロード

平成27年度BCP策定支援制度事例集
Copyright © 大阪府商工会連合会 All Rights Reserved.